スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「最新記事」のご案内 及びブログ収録記事へのガイダンス

最新記事の紹介

2016年11月17日
 規制改革推進会議の農業ワーキンググループが11月11日にまとめた「新たな提言」に対する当研究会の最新意見 を掲載しました。

2016年11月14日
 当研究会の会員にも名を連ねていただいた、北海道大学大学院 農学研究院 基盤研究部門 農業経済学分野 食料農業市場学研究室の清水池義治 講師より、現在の指定生乳生産者団体制度改革を考えるポイントを整理した「資料」のご提供をいただきました。
 こちらのページで、清水池先生から当ブログ読者に向けて寄せられた文章とともに、資料「指定生乳生産者団体制度改革をどう考えるか」のPDFファイルデータを読者にご提供します。


2016年11月13日
 規制改革推進会議の農業WGが、11月11日に新会議体として、本件への新たな意見をまとめた動きを受けて、このブログの記事配置を変更しています。

 このブログにも概要を収録していますが、酪農乳業界の関係者が10月前半に行った、英国におけるMMB制度改革の視察調査結果に対し、株式会社MMJが自社ホームページ上に掲載しているコラム「結果ありきの調査団報告」に関し、研究会の会員から当該コラムにおける複数の「事実誤認」に関し、反論コメントが寄せられましたので、新記事「英国の制度廃止の影響に関するMMJの言説は事実に反する」として掲載しました。

その他の記事更新履歴の詳細はこちら


このブログのコンテンツについて

当研究会の意見カテゴリー
 ● 規制改革推進会議の農業ワーキンググループが11月11日にまとめた「新たな提言」に対する当研究会の最新意見
     規制改革推進会議「新提言」もまた「不合理」かつ「理不尽」 (当研究会の「意見」_2016/11/17)

 ● 2016年04月の規制改革会議「提言」に対する、当研究会の意見(このブログのメインコンテンツになります)
     「規制改革会議・指定生乳生産者団体制度改革論議を糺す」

 ● 上記意見のうち、「3『』的とは真逆の結果が予想されるという点』に関する補論
 ● 上記意見のうち、「4『提言は生産者間の不公平感を助長するという点』に関する補論

当研究会への提供情報カテゴリー
 ○ 指定団体制度改革論議の参考資料として清水池義治・北大大学院講師からの提供資料
              「指定生乳生産者団体制度改革をどう考えるか」
 ○ このブログの論旨を補強する観点で、会員から投稿いただいた英国の制度改革視察報告
              「この改革論議は『英国の轍を踏むもの』ではないのか
 ○ 上記の英国視察報告に関し、株式会社MMJホームページ上に掲載されたコラム「「結果ありきの調査団報告」」に対する、
   研究会員からの反論「英国の制度廃止の影響に関するMMJの言説は事実に反する」
 ○ このブログの議論を通じて、当研究会にメールで投稿をいただいたご意見等「ブログ読者からの投稿メールより

解説カテゴリー
 ☆ 当研究会の「意見」をより深く理解する参考として「制度理解の前提として考えるべき『酪農の事情』
 ☆ このテーマを議論するうえで知っておきたい「指定生乳生産者団体制度の改革論議に『よく出る言葉』について

関連リンクカテゴリー
 ▼ 指定生乳生産者団体制度の改革論議に関連した各種リンク集「このブログテーマに関連するURL一覧(随時更新)
 ▼ 2016年の指定生乳生産者団体制度改革に対する、「都道府県の意見書リンク集
 ▼ 日刊酪農経済通信ブログへのリンク

研究会から読者へカテゴリー
 ◆ 当ブログの内容や運営に関する読者への告知事項「管理者から
 ◆ 当ブログの記事更新履歴情報「記事更新情報」










関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

酪農乳業関連制度研究会

Author:酪農乳業関連制度研究会
 私たちは、規制改革会議による指定生乳生産者団体制度に関する提言等について、ある雑誌の特集に様々な立場から論考を執筆した者及びその特集内容に共感する有志です。
 特集では、それぞれに立場は異なるものの、一致して規制改革会議の運営の仕方や提言等について根本的な疑問を共有していることがわかりました。このため、関係者ばかりでなく一般の方々にも、私たちが何を問題としているのかを理解していただきたく、意見を表明することとしました。

来訪者数

研究会のtwitter

管理者へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。