スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改革論議の考察資料「指定生乳生産者団体制度改革をどう考えるか」

 当研究会の会員にも名を連ねていただいた、北海道大学大学院 農学研究院 基盤研究部門 農業経済学分野 食料農業市場学研究室の清水池義治 講師より、現在の指定生乳生産者団体制度改革を考えるポイントを整理した「資料」のご提供をいただきました。
 以下に、清水池先生から当ブログ読者に向けて寄せられた文章とともに、資料「指定生乳生産者団体制度改革をどう考えるか」のPDFファイルデータを読者にご提供します。(2016年11月14日、管理人)


 酪農乳業関連制度研究会会員の清水池です。

 指定団体制度をはじめとする既存制度の問題点について大いに議論がなされること自体はよいことではありますが、前提として、議論の対象となっている制度がどのような役割を社会で果たしているかという認識を共有する必要があろうかと思います。そういった問題意識のもと、指定団体制度と乳製品関税に関する論考をまとめた資料を、このブログの読者のみなさんにご提供いたします。内容は関係者の方々にとっては自明のものではありますが、あまり制度に詳しくない方々に対する説明の際には多少役立つかと思います。

 本資料は2016年11月10日に札幌市で開催された、北海道農業ジャーナリストの会・平成27年度第2回研究会で清水池が使用した資料をもとに、一部を修正したものです。本資料の内容に関しては、報告者の清水池が全責任を負うものです。

 口頭による講演での配布資料がベースですので、説明不足の箇所もありますが、ご容赦ください。制度改革をめぐる議論の中で本資料が有効活用されることを希望いたします。


 資料はこちら>










 
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

酪農乳業関連制度研究会

Author:酪農乳業関連制度研究会
 私たちは、規制改革会議による指定生乳生産者団体制度に関する提言等について、ある雑誌の特集に様々な立場から論考を執筆した者及びその特集内容に共感する有志です。
 特集では、それぞれに立場は異なるものの、一致して規制改革会議の運営の仕方や提言等について根本的な疑問を共有していることがわかりました。このため、関係者ばかりでなく一般の方々にも、私たちが何を問題としているのかを理解していただきたく、意見を表明することとしました。

来訪者数

研究会のtwitter

管理者へのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。